目に見えない絆を贈る

40代になったら、そろそろ御両親の生活を気にかけてあげる時期かもしれません。
結婚して別の家庭を持ち、御両親とは離れて暮らしている人も多いことでしょう。
60代、70代に突入した御両親は、そろそろ退職の時期も迎えているはずです。
体にも、どこか具合の悪いところも出てくるころかもしれません。
子供や孫の存在が何よりの支えになっているはずです。
できるだけこまめに顔を見せると喜ぶでしょう。
遠方で会うことが難しいのなら、電話やメールでこまめに連絡を取りたいものです。
そんな40代の人たちから高齢に差し掛かったご両親に何か贈り物をするのなら、携帯電話のファミリープランがお勧めです。
携帯電話本体をプレゼントするのも、もちろん喜ばれると思いますが、御自分の契約している携帯電話のファミリープランに御両親を加入するのも大きなプレゼントになります。
ファミリープランに加入していれば、加入者同士の通話やメールのやり取りは無料になります。
御両親に何度メールを送っても、長時間通話しても費用が一切かからないのです。
通話料金は、別々に支払うこともできますし、子世帯でまとめて支払うことも可能です。
高齢のご両親にとって何よりもうれしいのは、いつでも無料で話せること以上に、いつでも子供とつながっていられると言う事実なのだと思います。
たとえ費用はそれぞれが払うにしても、同じプランに加入しているという事実が、高齢の方にとって大きな支えになることは間違いないようです。
この記事をシェア、ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2015祝い事にまつわるタブーとマナー〜贈り物選びの前に知っておくべし〜.All rights reserved.